卒業研究発表会が行われました

2013年02月20日

2月8日(金)に、本校の卒業研究発表会が北上市の日本現代詩歌文学館で行われました。卒業研究発表会は、2年生が本校で学んだ内容をもとに、約半年間かけて研究・制作した成果を披露するものです。

今年度は全24グループが様々なテーマで発表を行い、活発な質疑応答や意見交換が行われました。また、会場には保護者の方や企業の方なども出席され、発表会を盛り上げて頂きました。

KCA卒業研究発表会 KCA卒業研究発表会質疑応答

 発表の結果、最も優秀だったのは次のグ ループでした。

★最優秀賞 システムコース10班「マイコン制御でリモートコントロール」

高橋 憂大(専大北上) 渡邊 将太(黒沢尻工業)
北田  歩(一関高専) 佐藤 竜弥(黒沢尻工業)
車のラジコンにマイコンを取り付け、iPhoneでリモート制御をするにはどうしたらよいか研究しました。

 マイコンの仕組み、無線通信、iPhoneアプリの開発など、研究内容が多岐に渡って充実している点と、発表内容と表現の仕方に優れていることが評価されました。

KCA卒業研究結果発表

 最優秀賞を獲得したシステムコース10班は、2月21日(木)に開催される「東日本ブロック卒業研究発表会」に出場します。「東日本ブロック卒業研究発表会」は、北コンの姉妹校と共同で行われる発表会で、各校から優秀な研究をした代表グループが出場してそれぞれの研究内容を披露しあいます。
これまで本校の代表グループは好評価を頂き、良い成績をおさめておりますので、今回の代表グループにもぜひ活躍して欲しいと期待しています。

次いで、優秀な発表をした2グループは以下のとおりです。

☆優秀賞  ビジネスコース3班「北上検定システム」

 データベースとスマートフォンを活用し、北上市の文化や歴史について利用者が手軽に知識を試すことができるシステムを開発したことが評価されました。

☆優秀賞  CG・CADコース6班「樹脂流動解析の研究

 北コン君のプラモデルを作製するため金型をどのように設計したら良いか、樹脂流動解析を用いた研究が評価されました。

表彰には選ばれなかった他のグループも、ITを活用した様々なテーマに取組んだ成果が発表されました。

・卒業研究テーマ一部抜粋
「災害時などの緊急連絡システム」、「スケジュール通知システム」、「教材費(経理)管理システム」、「岩手を舞台にしたRPG」、「宮古市紹介CM」、「中尊寺のジオラマ制作」、「ドライブレコーダー(Android)」、「ARアプリ(Android)」、「Wi-Fiで位置情報取得」

今年度の主な傾向として、業務改善、地域に関連したコンテンツ制作、スマートフォンの活用をテーマに選んだグループが目立ちました。その他にも、学生達が苦労した就職活動や資格取得に関連するもの、校内で運用が期待される教務管理やPRCM、様々な方面で活用が期待されるゲームエンジンといったテーマがありました。

また、発表では「今後もテーマを引き継いで欲しい」、「成果物をさらに洗練させて欲しい」といった後輩へのメッセージを残すグループもあり、1年生も大いに刺激にされたようでした。

2年生は卒業研究をとおして社会人力など、多くの力を身に付けたましたので、ぜひ社会に出てからもこの経験をいかして欲しいと期待しています。また、1年生についても先輩の財産を受け継ぎ、来年より良い研究に取り組んでくれることと期待しています。
なお、卒業研究で出来上がった成果物や研究結果は、2月24日(日)の卒業研究展示会でご覧いただけます。ご来場の際には、ご意見・ご感想を頂戴できれば幸いです。

●卒業研究展示会
・日 時:2月24日(日) 10時~12時
・場 所:北上コンピュータ・アカデミー 実習室