感動!地球のステージが行われました。

2013年09月05日

9月4日(水)、2年ぶり4度目の地球のステージが本校体育館を会場に行われました。

今回は「地球のステージ4~果てなき回帰~」編ということで、ジャワ島沖での震災や パキスタンでの震災、紛争で傷ついたパレスチナ人青年との出会いや桑山先生の学生時代のお話、 東日本大震災復興編など4部構成で行われました。

中でも桑山先生が学生時代に 自分の人生をかけて日本一周の旅に出たお話、そこで先生自身が肌で感じた人との触れ合いや 「道とは人生そのもの」だということ。 また、東日本大震災や紛争で傷ついた子供たちに瓦礫の中から音のなるものを見つけさせ、楽器を作り 傷ついた気持ちを素直に詩にして音符に乗せ歌うことで辛い過去を乗り越える力を与える場面には 客席にいた全員が感動しました。

地球のステージを通してたくさんの気づきや感動、勇気を学生たちは得たと思います。 素晴らしいステージを披露してくださった桑山先生ありがとうございました。

IMG_2372  IMG_2410 IMG_2412

一部ですが、学生からの感想を掲載したいと思います。

・変わりたいという気持ちがあれば、人は変われるということを学びました。

・前を向いて歩いていく勇気をもらいました。

・東日本大震災を経験し、当時は自分の思いを口に出すことが出来ず携帯のメモ帳に自分の気持ちを記録していました。あの震災で失ったものは多いけれども、それと同じくらい大切なものも得ました。本当に素晴らしい講演をありがとうございました。

・地球のステージを見て、今まで知ることのなかった世界を覗けたようで視野が広がったと思います。

・心を閉ざしてしまった人にそうなった理由を話してもらう事も気持ちを察する事も難しいと思う。だからこそ、「わかろうとする事」が最大の努力なのではないかと改めて感じました。

・涙が止まりませんでした。