卒業研究発表会が行われました

2014年02月25日

 220日、21日、日本現代詩歌文学館にて卒業研究発表会が行われました。卒業研究は2年間の勉強の集大成として、34人のグループで半年間をかけてシステムや作品を制作していくものです。

 20日は16グループの発表があり、「産能短大併修進捗状況確認システム」(ビジネスコース)、「バリアフリー・ユニバーサルデザインの研究」(CGCADコース)、「Xbee Wi-Fiを使用した無線通信」(システムコース)など、それぞれのコースの特徴を生かした研究内容が発表されました。

 今年の卒業研究には、「行政区会計管理システム」(ビジネスコース)、「北和会 事業活動システム」(ビジネスコース)、「夏油高原スキー場のためのデジタルコンテンツの制作」(CGCADコース)など、地域や地元企業と連携したシステムがいくつかあり、卒業研究の成果が学外で活用されることとなっています。

 また、発表会では学生からの質疑応答が活発に行われ、本校が目指している社会人基礎力の育成が順調に成果となって表れていることを実感しました。

 卒研発表会4 卒研発表会2 卒研発表会3

 21日は、青森市と福島県いわき市にある姉妹校からそれぞれ代表1グループを招いて、東日本ブロック卒業研究発表会が行われました。審査委員に岩手大学と県立大学から先生をお招きし、本校の代表3グループを加えた5グループで発表技術と研究成果を競い合いました。審査の結果、最優秀賞にあおもりコンピュータ・カレッジの「AR(拡張現実)で学校案内」が選ばれました。また、優秀賞には本校の「VR(バーチャル・リアリティ)技術の研究と応用」と、いわきコンピュータ・カレッジの「Advanced Album」が選ばれました。残念ながら賞にもれたチームの発表も大変素晴らしものでした。

 東日本発表会1 東日本発表会2 東日本発表会3