Reallusion「iClone5」セミナーを開催!

2014年05月21日

5月20日(火)に、本校でREALLUSION日本法人より大迫様をお招きし、「iClone5」のセミナーを開催しました。
今回のセミナーは、プレビズやシリアスゲーム(産業用途)、CGアニメーションを短時間で制作できることから、CG業界でも注目を集めている「iClone5」を使用して、Autodesk Maya/MaxといったCGソフト間の連携や、CGアニメーション制作の基本的なワークフローを学びました。

iclone-sem-chara-setup

「iClone5」には、様々な素材がパッケージ化されているので、学生が苦労するモデリングの工程が大幅に短縮でき、アニメーション制作に集中できる実感が得られていた様子でした。

iclone-sem-scene

また、CGキャラクターの加工も短時間で直感的に行なえるので、モーション・キャプチャーを使用した様々なモーションを複合する工程や、一般のCGソフトでは非常に手間のかかるリップシンク(セリフに合わせて顔の表情を同期)をあっという間に設定できるデモも披露されました。

iclone-sem-mocap

学生達は、普段苦労しているCGキャラクターアニメーションを、少ない工程で制作することができたため、各自色々な工夫を施したり、アイディアを反映させたりと、楽しく制作に取組めているようでした。

iclone-sem-work

最後に、講師の大迫様より、学生に対して物事に取組む姿勢や意識など、熱いメッセージを頂きました。業界で活躍されている方から直接メッセージを頂けるのは、先日のUnityセミナー同様に大変ありがたい機会と感じました。

iclone-sem-lect

北コンでは、今回の「iClone5」を使用したコンテスト応募や、Unity等を活用し、様々なコンテンツを制作していく予定です。

【関連記事】
Unityセミナー開催
北上CGラボ開催
ASIAGRAPH REALLUSION AWARD2014