CG・CADコース

機械・建築設計に不可欠なCADの知識・技術やゲーム・アニメーションなどのCG制作技術を習得します。北上市にはものづくり企業が多く、3次元CADを使用したものづくりの現場で北コン生の活躍が期待されています。
c_cgcad_01

在校生からのメッセージ

zaikousei_c_01「北上市や企業とのつながりが強み」
北上市などの支援を受けている学校なので学費が安く、地元就職にも強いことから北コンを選択。ものづくりに関わるCADオペレーターを目指しています。材料の特徴を学ぶ、材料力学の授業は新しい発見が多くて楽しいですし、将来はデザインや設計もしたいと考えているので役立つ知識を習得できていると感じています。北コンは会員企業からも講師が来ていますので、現場の生の声や、就職活動に参考になる情報も聞けますよ。

高橋 美咲(CG・CADコース・北上翔南高校出身)


先輩からのメッセージ

現在はトヨタ自動車東日本株式会社へ派遣され、設計業務を行っています。いろんな部署と連携しながら同じ目標を達成していくことがやりがいです。業務では設計の専門用語が用いられますので、授業で学んだCADや製図の基礎学習がとても役に立っています。北コンは入学してから三ヶ月間いろんなコースの勉強をして、その後自分に合ったコースを選択できるので、どの分野に進もうか迷っている人にもおすすめですよ。

幸商事株式会社 自動車ボデー設計
畠山 元希さん(CG・CADコース22年度卒業・福岡工業高校出身)

在学中に取得する資格
  • 建築CAD検定2級・3級
    建築用の図面をCADを使って描く技量を測る試験。CAD技術のみならず基礎的な建築技術も必要
  • CSWA(Certified SolidWorks Associate)
    3次元CADソフトであるSolidWorksについて、高い能力を持つ優秀な技術者であることを証明できる資格。
  • CGエンジニア検定
    CG分野の開発や設計を行うエンジニア、プログラマのための検定試験。

カリキュラム

1年生
1年1期 1年2期 1年3期 1年4期
  • 経営工学 I
  • 教養
  • インターネット
  • Excel I
  • Word I
  • コンピュータ概論
  • フローチャート I
  • Java基礎
  • 総合演習 I/必修クラブ
  • 進路指導
  • 作文/教養 I対策
  • 対話力I
  • 体育 I
  • 製図基礎
  • デザイン
  • 3DCG I
  • 3次元CAD
  • 経営工学II
  • 色彩
  • CG概論 I
  • 総合演習 II/必修クラブ
  • 進路指導
  • 作文/教養 I対策
  • 対話力I
  • 体育 I
  • ITパスポート
  • デザイン
  • 課題研究
  • 材料力学/CG演習 I
  • CSWA/CG演習 II
  • PowerPoint I
  • CG概論 I
  • 総合演習 II/必修クラブ
  • 進路指導
  • 作文/教養 I対策
  • システム設計
  • ITパスポート
  • DTP
  • オーサリング I
  • 課題研究
  • 材料力学/CG演習I
  • CSWA/CG演習II
  • 総合演習II/必修クラブ
2年生
2年1期 2年2期 2年3期 2年4期
  • 体育 II
  • 英会話 I
  • 進路指導
  • 作文/教養対策
  • 対話力 II
  • 動画編集
  • 2次元CAD II
  • 3DCG III/CADトレース技能
  • 3DCG II/3DCAD II
  • 文書作成 I/就職指導
  • オーサリング II
  • 資格対策/必修クラブ
  • 体育 II
  • 英会話 I
  • データ活用 I
  • 対話力 II
  • 動画編集
  • 2次元CAD II
  • 3DCG III/CADトレース技能
  • 3DCG II/3DCAD II
  • 文書作成 I/就職指導
  • オーサリング II
  • 資格対策/必修クラブ
  • 安全衛生
  • 品質管理
  • Access
  • Web活用
  • 卒業研究
  • 簿記会計 I
  • ネットワーク構築
  • 資格対策/必修クラブ
  • 安全衛生
  • 品質管理
  • Access
  • 簿記会計 I
  • 卒業研究
  • 資格対策/必修クラブ

c_digital_01
c_digital_02
c_digital_03

卒業研究作品

「VR(バーチャル・リアリティ)技術の研究と応用」


コンピュータで様々な仮想体験を実現するためにはどうしたらよいか研究しました。作品に実在の建築物や、様々なキャラクターを登場させ、地域に役立つVRコンテンツの可能性を示しました。