オンライン授業開始

新型コロナウイルス感染防止対策により、現在学生は登校を自粛し、自宅学習期間となっています。この期間の授業進捗の遅れを避けるため、学生それぞれが所有しているタブレットPCを活用し、オンライン授業が実施されました。この授業形態は本校初の試みとなります。

この日は2年ビジネスコースの「FP(ファイナンシャル・プランナー)」の授業が行われました。慣れない環境のせいか最初は戸惑う場面も見られましたが、学生全員とWeb上でつながり、無事に90分間の授業を終えることができました。

授業を担当した伊藤教官は、「オンラインでも普段の授業とあまり変わりなく進めることができた。学生の反応もまずまずだった。」と話していました。

今後の自宅学習期間も各種授業がこの形式で展開されていきます。早く通常授業に戻ることができるよう、コロナウイルスの収束を願うばかりです。