北上・みちのく芸能まつり 市民パレードに参加しました

8月2日(金)、北上・みちのく芸能まつりが開催され、今年も全学生で市民パレードに参加しました。58回目を迎える北上・みちのく芸能まつりの市民パレードには、近年最多となる36団体、1950人が出演しました。各団体はそろいの浴衣やはんてんなどに着飾り「北上おでんせ」と「日高見甚句」で息の合った踊りを披露していました。

今年も猛暑の中、学生会を中心に踊りの練習に取り組みました。最初はそろわなかった手や足の運びも次第にそろうようになり、か細かった掛け声も次第に大きな掛け声となっていきました。学生たちの心や思いがひとつになっていった瞬間でした。

当日は夕方になっても30度を下回らない気温の中、沿道からの声援を受け、学生たちは大粒の汗をかきながら1時間以上踊り続けました。

「初めてお祭りで踊ったが、楽しかった」、「練習の成果が実ってうれしい」など、学生たちの言葉や表情から達成感が感じられました。

沿道には学生の親御さんや卒業生の姿も多くみられ、たくさんの声援をいただきました。多くの方々のご支援に感謝申し上げます。

来年度はより成長した踊りで、お祭りを盛り上げていきましょう!